スポンサードリンク

くせ毛のショートに天敵の梅雨!

じめじめと湿気たっぷりの雨の日。こんな日は、くせ毛がうねる、広がるなど時間のない朝は特に大変です。

朝はきちんとセットできていて、それなりまとまっていたヘアスタイル。でも、梅雨や雨のせいで数時間後にはうねってしまったり、爆発したり、くせ毛にとって雨の日は本当に憂鬱です。

縮毛矯正をかけても、ツンツンし過ぎて動きがない、なんて悩みを持っている女子は意外と多いのです。そんな雨の日でも平気な、髪のまとめ方とスタイリング方法をご紹介します。

スポンサードリンク

くせ毛のショートも素敵に!まとまる直し方

くせ毛さん全体に言えるのは、朝にセットしたヘアスタイルをずっとキープし続けようと、頑張ってしまいがちな点です。

それより、ある程度は崩しても大丈夫な幅を残しておくことをおススメします。こまめにブラッシングすると、くせ毛は目立ちにくくなります。このブラッシングでリセットする際のポイントとして、雨の日は高温でしっかり髪の毛を伸ばすことができる、ヘアアイロンを使いましょう。

ヘアアイロンで毛先、バング、根元の順番でかけてゆきます。

髪が熱くなりすぎたと思ったら、ドライヤーの冷風を軽く表面に当てて冷まします。こうすることで、ヘアスタイルのキープにも役立ちます。他には、ヘアピンの活用があります。くせ毛部分を引っ張ってピンで止めておくと、リセット効果もあります。

くせ毛のショートの見方!おすすめのスタイリングとは?

手直しでブラッシングする前に、ブラッシング剤をスプレーするか、ヘアクリームを毛先になじませて、手に残った少量で頭の上の方を押さえておくと、静電気防止になってしっとりまとまります。

ヘアミルクやローションなどの水分が多いスタイリング剤は、くせ毛に戻してしまう性質があるので、固めのヘアクリームが向いています。ただ、セットしたヘアスタイルを夜までキープしようと、固めるスプレーなどのスタイリング剤を使ってしまうと、リセットがしずらいので注意が必要です。

美容師が絶賛するプレミアムシャンプーとは?
美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

使いたい場合は、ナチュラルに仕上がるワックスがおススメです。毛先に多めにもみ込んで、上の方は表面を押さえる程度にしておくのがポイントです。ただ、ワックスは意外と水分が多いので、つけ過ぎは厳禁です。くせ毛が復活しやすくなってしまいます。量は少量でOK。

このように、くせ毛の雨の日対策のポイントは、スタイリングで余分な水分を与え過ぎないことだけでも落ち着いた髪で過ごせます。

スポンサードリンク


スポンサードリンク