スポンサードリンク

天寿庵は南禅寺の塔頭寺院で、
17世紀初めに細川氏によって再興したそうです。

重要文化財の方丈の襖絵や、風光明媚な庭園が有名です。

特に2013年に「そうだ、京都へいこう」のJRの
キャンペーンに取り上げられこともあって、
紅葉の時期は大変な人気です。

天寿庵ではライトアップも実施され混雑しますが、
昼間とは違った雰囲気を楽しめます。

今回は、天寿庵の見頃時期や混雑状況などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

天授庵の紅葉2015!ライトアップはいつから?

京都ではライトアップされた美しい紅葉を
観賞できる場所が沢山存在します。

秋の紅葉狩りと言えば、すぐ京都を思い浮かべます。

南禅寺界隈のライトアップも有名で、
天寿庵もその中の1つ。

庵の座敷からライトアップされた紅葉を観賞することができ、
その幻想的な美しさと言ったら、
太陽の日の光の下とは違った趣がありますよ。

ライトアアプの照明は計算された配置をされているので、
枯山水の風情ある陰影と、
紅葉の色彩が見事に調和しています。

ぜひ昼と夜の2回訪れてみてください。

天寿庵は拝観期間が短いので毎年混雑していますが、
夜間は人数制限を設けているので、
わりとゆっくり紅葉が楽しめる、
穴場スポットと言えるのではないでしょうか。

ライトアップ期間:11月15日~11月30日
時間:17:30~21:00
昼夜の入れ替え制あり
ライトアップ時の拝観料:500円

天授庵の紅葉の見頃はいつ?

南禅寺の紅葉は、境内、南禅院、天寿庵の
3つの場所で見ることが出来ます。

例年色づき始めるのが11月中旬。

見頃が11月中旬から下旬です。
紅葉の名所のため、この時期は観光客で溢れています。

そのため綺麗な紅葉の写真を撮りたくても、
人を入れずに撮影するのが難しいくらいです。

忍耐強く人が途切れるのを待つか、妥協するしかなさそうです。

アクセスは地下鉄蹴上駅から徒歩8分。
拝観料400円。

南禅寺には有料駐車場があり車を止めることができます。

乗用車は2時間まで1000円です。

ただ紅葉シーズンはすぐ満車になってしまうと思われるので、
公共の交通機関を利用することをおススメします。

天授庵の紅葉情報と混雑状況

天寿庵のある南禅寺は広大な敷地で、
その中に見どころが点在しています。

そのため混雑しないでゆっくり鑑賞できる
ポイントもあるのですが、前述の通り
JRのキャンペーンポスターになったおかげで、
スゴイ人気です。

混雑は必須ですので、
ある程度覚悟をしておいた方が良さそうですよ。

紅葉の必見ポイントその一、水路閣。

琵琶湖の疏水事業の一環で明治23年に完成した水路橋があります。
レンガ造りのアーチ橋と紅葉のコラボレーションは、
他のお寺では見られない光景です。

ぜひ水路橋をくぐって裏側の紅葉も見てきてください。

黄色のもみじとレンガとコントラストがとても綺麗ですよ。

紅葉の必見ポイントその二、三門。

ここは鑑賞するのに500円必要ですが、
東山一体を彩っている紅葉を一望できるのでおススメです。

紅葉の必見ポイントその三、六道庭。

方丈庭の北側にある庭で、
苔庭の緑と回廊を挟んだ赤く染まった紅葉の、
色の重なりが本当に絶景です。

他にも虎の子隠しと呼ばれる枯山水の名庭、方丈庭も素晴らしですよ。

まとめ

天寿庵の紅葉についてご紹介してきました。
私も秋の京都に足を運びたい気持ちにかられてしまいました。

京都と言えば湯豆腐が有名ですが、
南禅寺の門前にある順正という湯豆腐店の老舗があります。

庭園には趣きの異なる5つの建物があって、
紅葉を見ながら老舗の湯豆腐を頂くのもおつですよね。

また蹴上駅近くには南禅寺ぎんもんど、
という料亭もありこちらも人気のお店です。

紅葉をめいいっぱい堪能したあとは、
美味しい京料理でお腹も満たしてきてくださいね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク