スポンサードリンク

上司へ送る年賀状が、印刷されただけの文面ではちょっと味気ない気がしませんか?

せっかく年賀状を送るなら一言何かメッセージを書くことをおススメします。

でもどんな一言メッセージを添えればいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は上司へ送る年賀状の添え書きについて、文例も交えてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

結婚

年賀状の添え書きを上司にする際の例文

211c7c5710aba3572698f89ab66e889f_s

印刷された文面の余白に、必ず手書きで添え書きを書きましょう

あなたの印象が確実にアップしますよ。

文例

・今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。
・本年も昨年同様ご指導の程をお願い申し上げます。
・旧年中は公私ともども大変お世話になりました。おかげさまで、少しは仕事のコツがつかめてきたように思います。今年も変わらぬご指導の程お願い申し上げます。
・昨年以上に積極的に仕事に取り組む決意でございます。どうかご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
・今年一年は飛躍の年にすべく更に精進致します。何卒宜しくお願い致します。
・本年も〇〇課の一員として成長していきたいと思っております。末長く宜しくお願い致します。
・右も左もわからない状態の私を親身にご指導いただきまして本当にありがとうございました。
本年も何卒ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
・今年はもっと営業の成績を上げて○○部長に認めていただけるよう頑張りたいと考えております。
今年も変わらぬご指導の程お願い申し上げます
・皆様方に不慣れな点で御迷惑をおかけ致しておりますが今年はさらに精進してまいりたいと存じます。
今後とも御指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます
・昨年は至らぬ点が多くご迷惑をお掛けいたしました。まだまだ未熟者ですが、今年は少しでも戦力となれるよう頑張る所存です。本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

年賀状にビジネスで一言気が利いた添え書きを上司にするには?

新年の挨拶のみ印刷された年賀状をもらっても、中々気持ちは伝わりません。

一言で良いので一言添え書きがあるとないとでは、上司のみならず、もらった相手に対するあなたの印象は全く違うものになります。

年賀状で日頃の感謝や今年の抱負など、普段の会社の中では伝えられない気持ちを書いてみましょう。

ビジネスで上司からの評価や信頼度がアップすること間違いなしです。

上司への年賀状には、年初めから自分の意気込み、気持をしっかりアピールして周りに差をつけましょう!

年賀状の添え書きで上司が退職した場合

ビジネスでお世話になった上司が退職した場合、友達でもないので日頃からそんなにお付き合いがあるわけではありません。

そのためどんなメッセージを添えれば良いのか悩みます。

そこで

上司が教えてくれたことや、
助言が役立ちました、またはそのお言葉を糧に
乗り切ることができました、

など感謝の気持ちを添えると喜ばれます。

他には

「長い間ご無沙汰を致しておりますが
お元気でお暮らしの事と存じます
寒さ厳しき折お体には十分
気を付けてお過ごし下さい」

 

と言った健康を気遣う
メッセージが良いでしょう。

関連記事1:年賀状の文例!会っていない親戚に健康を気遣う添え書きを書くには?

結婚

まとめ

添え書きは必ず手書きで。

間違えても修正液やペンは使えないのでご注意を。

そして自分らしい今年の意気込みや抱負が入った言葉が好印象です。

また、あるビジネスマンを対象にとったアンケート調査によると、

 

部下から年賀状が送られてきたら、その社員に好印象を抱くか?という質問に、

6~8割のビジネスマンが「はい」と答えていて、
その中でも手書きで添え書きがなされていると、かなり印象が高いそうです。

ビジネスで上司へ送る年賀状には、ぜひ手書きでメッセージを添えましょう。

関連記事2:結婚後初めて年賀状を出す時の文例とは!一言メッセージや報告
関連記事3:年末の挨拶文!お客様へのメールはどうする?例文と結びの一言

スポンサードリンク


スポンサードリンク