スポンサードリンク

結婚した当初は、自分がシングルマザーになるとは想像もしていませんでした。子供2人を抱えて、暮らして行くというのは想像以上に厳しいものなのだなと痛感しています。

独身時代は、企業で働いていた経験もあるからシングルマザーになっても大丈夫だと思っていたのですが、実際、パートですが働き始めてからというもの、世の中の厳しさに打ちのめされ、みんな大変な思いをして働いているのだなぁと・・・甘い自分を反省しました。

幼い子どもを抱えてのシングルマザー生活二年目。毎日、四苦八苦しています。

母子家庭の生活費ってどれくらいあれば大丈夫!? 子供2人の我が家の例

生活費と一括りに言っても、暮らし方で色々と違ってきます。
我が家の家族構成は以下の通り。

<家族構成>
私・子供2人(小学生と年長)、実母同居の4人家族

<内訳>

・食費  70000円
・光熱費 11000円
・上下水道 7500円
・携帯電話 3000円
・保育園 11000円
・給食費 4500円
・通信費 7500円
・生命保険 2500円
・国民年金 16500円
・健康保険 4800円
・雑費  20000円
・教育費 21000円
・美容代 20000円

合計 199300円

私も色んな方の暮らし方を参考にしながら生活費を計算してみたのですが、食費がどうしてもオーバーしてしまいます。。。特に、息子に持病があり食事が治療みたいなこともあって、どうしても食費がかさんでしまうのが今後の課題です。

息子が病気がちで園にもあまり通えず、お休みも多く手が掛かることもあり実母に協力してもらいながら生活をしているのですが、金銭的には自立しなければと生活費は私が全て出しています。路頭に迷う生活をする訳にもいかないので、自分で全て稼がないと!とやりくりをしています。

<収入>

・事業収入 20万円
・養育費  8万円
・児童手当 2万円

合計 30万円

元旦那からは毎月遅れがちですが養育費が支払われています。これはお国柄払わないと自動で給料天引きになる・・・というシステムなのでイヤイヤという感じはしますが毎月入ってきていて、将来の子供達のために手を付けずに貯金しておこうと思います。いつ止まるかわからないし。汗

児童手当が毎月2万円頂けているので、このお金を教育費として子供達の習い事に当てています。娘はピアノ・英語・ダンスを習っています。息子は園に通うことが第一目標なのでまだ習い事はしていませんが、園で英会話とサッカーを月2でやっています。もう少し息子の体調が良くなったら英語と何かをさせる予定です。

事業収入ですが、これは最近始めた在宅フリーランスの仕事で毎月20万円は確保できるように仕事しています。月収20万円よりオーバーしたときは、凹んだ月の補填用にプールしておいたり、事業用に資金を貯めるようにしています。なので、月収20万円以内で生活出来るようにするのが目標です。調子が良い月は、5万円ほどお小遣いにしています。

これから子供達が塾やら学用品やらどんどんお金がかかってくると思いますし、将来の進学のことを考えたら貯めれるときに貯めておかないと!と思います。・・・仕事もいつ下火になるか分かりませんから。汗

母子家庭は貧困の連鎖!?どうやったら断ち切れるのか・・・

今年に入って仕事を変え収入が安定してきた私ですが、去年までは本当にカツカツの生活をしていました・・・というか、マイナスの生活で貯金を取り崩して気がつけば離婚してから貯金が200万ほどマイナスとなっていました。

これはまずい!と働き始めたは良いものの、子供達のお世話を考えると外に出て働くにはパートしか出来ない。正社員で働いたとしても田舎なので手取り15万円あれば良い方。フルタイムで働くには子供達の生活面も精神面もまだ安定しておらず、勤務時間の短かく残業なし・仕事の負荷も軽めのパートを始めました。

<パート時代の内容>

・時給945円
・勤務 9:00-16:00 6時間
・通勤 40分 x 2

■ 2017年9月〜2018年2月でパート

将来性を考え英語力が生かせるということで少し通勤時間がかかりますが時給も田舎にしては良いと思って出たパートでしたが、ほぼフルタイム状態で手取りは月9万円。パートの仕事だけでは生活できないので養育費に頼る日々・・・振込が遅くなるとイライラして、本当に切羽詰まった生活でした。このまま、貯金もたまらず時間も足りず、一杯一杯の生活をしていくのだろうか・・・?と葛藤を感じていた2017年の年末。

パートといえど、お休みを取るのも難しく、子供が体調を崩せば職場で嫌味を言い監視し合う同僚。仕事はすごく面白かったのですが、ストレスは相当にたまり、愚痴が増えました。。。負のオーラが漂い、日々生活していくことでて一杯になり子供達のことをじっくり見てやる余裕もなくなり、学校生活のことや悩みなどをじっくり聞いてやる時間も減り、日常に追われる毎日でした。これだけ毎日がむしゃらに走り回っている割に収入が増えない・・・これではよく記事に載ってる貧困の連鎖とかいうやつではないか!?と我に返りました。

■ 貧困のループに気がついたとき、体調不良になる

自分が今している事は、貧困のループにはまっており続けたからと言って決して生活が楽になるわけでは無いと気がついた時のことでした。勤務開始から半年して職場から帰宅途中でひどい体調不良となり、生活の手段が断たれ、この時ばかりは本当に路頭に迷うかと思いました。幸い体は入院もなく無事でしたが・・・

■ 無限ループから一筋の光が・・・

2016年に離婚してからフリーランスの仕事をしていましたが、なかなか軌道に乗らず、貯金を取り崩す日々・・・そしてやっとパートに出かけることが出来るかと思えば体調不良で休業。仕事場も上司は理解があるとはいえ、嫌味を言ったりする同僚がいたりと居づらくなり、時間を使ってもずっと月収9万円・・・正社員になったとしても残業が増え拘束時間は長くなり手取りは20万前後、子供が体調を崩しても簡単に休めない仕事が入ってきたりすることを考えると正社員の道は程遠く、今の仕事続けるにも職場を変えるにも未来が見えない思考の無限ループ状態でした。

体調不良で体が動けない状態の間、今後の不安が大きくなってきている最中の決断というのは、あまり良い結果を生まず、迷走した動きを取り焦りだけが増していました。幸い、休業補償と保険が出るので休業中もギリギリの生活はできていましたが、寝込んでいる間にどうやったら生活を安定させるかが頭の中を駆け巡っていました。

そして、じっくりと考え、覚悟を決めたときに一筋の光が見えました・・・

安定のギリギリの生活を取るか可能性のある不安定のある仕事をとるか究極の選択?

これからの生活を安定させるために必要な選択は2つだけに思えました。

1. 必要最低限のギリギリの生活ができるけど子供達のことをほとんど構ってやれる時間がなくなる、手取り月15万円の正社員の仕事をとるか?

2. 不安定だけれど稼げる可能性があるフリーランスの仕事に挑戦するか?

先述しましたが、下の子供が病気がちで休みがち。病院にも2週間おきに行かなければいけない我が家の状態で、正社員の仕事をすることは難しく、息子の病状から休業中に入院したりとパート勤務さえ難しくなってきました。

そこで覚悟を決め、不安定ではあるけれど自宅で稼げる可能性のあるフリーランスの仕事をすることにしました。実は、この決断をする際にパートの上司から正社員を前提に契約で一年半働いてもらえないだろうかという打診をもらっていたのですが、決意をした後だったので丁重にお断りしフリーランスとしてやって行くことを決めました。

フリーランスとしての仕事は前々から細々とやっていてお小遣い程度にはなっていたのですが、本腰を入れ本業としてやって行くにはなかなか覚悟が入りました。背水の陣での決断でしたが、子供の小さいうちはフリーランスとしてしっかりとやって行く、その間に資格を取り子供が成長して正社員として働きたいときに有利に働ける準備だけは怠るまいと決めました。

■ がむしゃらに在宅仕事で収入は・・・?

以前からやっていたこととは言え最初のうちはスタートダッシュが必要なので、毎日10時間は仕事をしていました。子供達にはお家にいるけど仕事をしないといけないこと、遊んでやれないときもある事を言い聞かせ、土日も毎日仕事をしていた結果・・・

3月収入  2,480円
4月収入  54,805円
5月収入 361,285円
6月収入 424,000円

累計 842,570円

苦渋の決断でしたが、がむしゃらに働いたおかげで順調に収入を増やすことができています。

もし、パートで月9万円で働いていたら、4ヶ月で360,0000円で1年間働いても108万円でパートの仕事以外は何もできない状態となり常に年収108万円の生活をしなければならない所でした。手取りで200〜250万円万円が低所得者層、年収132万円以下の家庭が貧困層になると全国消費実態調査(2014年調べ)になると言われているので、パートを1つだとしっかりと貧困層に入っていて無限ループから抜け出せない所でした。

7月も月収30万円は超える予定で、家にいながら家事をしながら仕事し、しっかりと子供の学校行事や看病をしてやれるいまの仕事は不安定な仕事かどうか一概に言えないかなと思います。今は、毎日4−5時間程度の仕事量なので、まだまだ余力がありますし、改善の余地もあり伸びしろも大きいです。しかしながら、世間では月9万円のパートで働いている方が「きちんと働いている」という認識がある様で、実際は火の車なのに安心感があるというのが不思議です。

私もパート時代はそうでしたし、何と無く歯車に組み込まれていた方が安心感があって、実はいつ雇い止めがあるかわからない、会社が倒産するかわからないという不安定な場所にいるのは変わらないのに、独立してフリーランスで仕事をする方がすごく不安定に感じてしまうんですよね。本当、考え方次第です。

まとめ

母子家庭になってシングルマザーとして安定した収入を確保しなければと考え色々と迷走しましたが、結果的に不安定でも独立して働くという方法をとることでパート以上の金額を稼ぐことができる様になりました。

これからの目標としては、収入を安定させるとともに今まで以上に稼ぐ!月収50万円を目指して富めるシングルマザーを目指していきたいと思います。もちろん、子育てとのワークバランスをしっかりと取った上ですけど、収入に余裕ができると心に余裕ができるので、まずは安定を目指して頑張っていきたいと思います。

シングルマザーになったから貧困で頑張らないといけないと考えられているママさん。考え方次第、やり方次第です!

もし、無限ループにはまっている方がいたら、一度、自分に何ができるか?不安定でも挑戦してみる価値はあると思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク