スポンサードリンク

結婚式は特に新婦にとっての晴れ舞台。

招待された女性もおしゃれができる日ですよね。でも忘れてならないのが「主役は新郎新婦」ということ。そのため女性が結婚式や披露宴に参加する時は、派手なパーティードレスなどは避けましょう。

これから友人の結婚式に呼ばれて服装に迷っているあなた。

ドレスのマナーはご存知ですか?

今回は結婚式や披露宴に出席するときの服装のマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式ドレスのマナーにベージュはOK?

結婚式の白いドレスは花嫁だけの特権です。

そのため参加者が白い服装や白いショールを羽織るのもNGです。実は薄い色で会場の強い光で白っぽく見えてしまう色として、薄いピンク、薄い黄色、薄い水色、ベージュもNGなのです。

他にも自然の白髪ではない白や派手にカラーリングした髪の毛、白いウィッグもマナー違反。クリームベージュやシルバーなどのドレスは、明るい小物と合わせると全身白っぽいドレスに見えてしまうのでNGですが、濃い色のバッグやヒールを合わせて、全身白のイメージを避ければ大丈夫です。

結婚式ドレスのマナーとしてタイツはどれを選ぶべき?

結婚式には何を着ていこうか、まず迷うのがドレスですよね。

ドレスのルールは完璧でも靴は服装に合わせればいい、なんて思っていませんか?

実は靴やタイツにもマナーがあるのです。基本的に黒いストッキングやタイツは喪をイメージさせるので、避けるのが無難です。ただ最近増えているのが足首にキラキラのラメがあしらわれていたり、ラインストーンが入っているタイプのタイツやストッキングです。

近くで見るとキラキラしているので決して喪を連想させませんが、遠くから見るとどうでしょうか?ただの黒タイツに見えかねません。でも実際に結婚式へ行くと目にするのは、黒のストッキングやタイツを履いている女性たち。やっぱり多いのは事実なのですが、特に年配の方たちにはマナー違反な人として判断されるかもしれません。

結論として、出来るだけ黒いストッキングやタイツは避けた方が良いでしょう。

結婚式のドレスのマナーとして、ベージュのナチュラルストッキングかタイツを履くことと、5㎝以上のパンプスを履くが基本です。ただ模様の入った黒タイツはOKです。ちなみにNGな靴はブーツ、カジュアルなサンダル、ミュールです。

結婚式ドレスのマナーに合うアクセサリーとNGは?

まずは花嫁とかぶらないよう気をつけましょう。

例えば、生花の大ぶりなコサージュやキラキラ光ったティアラ。

これらは花嫁さんのアクセサリーとかぶってしまう確率大ですし、昼間の結婚式に光り物はNGといわれます。これは室内で写真撮影をする場合アクセサリーが反射して、周りの人の写り具合に影響してしまうからとも言われています。

さりげないラインストーンやラメ程度なら大丈夫ですが、注意が必要です。そのため昼間は光沢を抑えたシックなジュエリーを選びましょう。パールやサンゴがおススメです。キラキラ光るネックレスやゴールド系のアクセサリーは避け方が無難です。

反対に夜は華やかな雰囲気のアクセサリーを選びましょう。本物のジュエリーやパール、ラインストーンやクリスタル、ゴールド系もOKです。パールはどの時間帯でも使えますし、冠婚葬祭で使える万能アクセサリーです。1つ持っているととても重宝します。

ちなみに、結婚式で腕時計はつけないことがマナーです。ついつい時計に目が行ってしまいますし、時間を気にして早く結婚式が終わってほしいのか、なんて思われたら悲しいです。どうしても時間が知りたいときは、バックの中に時計か携帯を入れておき、さりげなくチェックしましょう。

まとめ

きちんと服装マナーを心がけて、気持ち良い結婚式にしたいですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク