スポンサードリンク

天気の良い日が少し続いただけで、夜が急に蒸し暑く感じたりします。

大人が蒸し暑いと感じているときは、赤ちゃんももっと不快な気持ちになっているはずです。顔が真っ赤になっていたり、グズグズとぐずって中々寝てくれない、パジャマが汗でびっしょり!なんてことも少なくありません。

夜中にぐずって起きられると、ママやパパも体力が持ちませんよね。

今回は暑い夏の夜にぐっすり寝られるグッズなどをご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの暑さ対策で夜ぐっすり寝られるグッズは?

大人には必需品の扇風機でも、月例の低い赤ちゃんほど使うことをちょっと考えてしまいます。

とは言ってもあまりに暑いと熱中症の危険もあるので、気を付けなければなりません。赤ちゃんの快適温度は夏は26度~28度で湿度は50%くらいと言われています。

温度と湿度の分かる温度計が赤ちゃんの部屋にあると便利です。

室温が中々28度にならないからと言って、クーラーの温度をずっと低いままつけっぱなしにしていることには抵抗もありますよね。こういう場合は扇風機と併用するのがおススメです。

クーラーは28度に設定して、扇風機を天井や壁に向けて首振りさせます。そうすると空気が部屋の中を循環するので、快適になります。クーラーは直接体に当てなければ一晩中つけっぱなしでも大丈夫ですが、低い温度設定のままでは風邪を引いてしまうこともあるので、気をつけましょう。

赤ちゃんの暑さ対策グッズ一覧

赤ちゃんの暑さ対策に効く夜アイスノンの使い方

クーラーを使うほど蒸し暑くはないけれど、赤ちゃんは汗をいっぱいかいている…

こんな時はアイスノンのような保冷剤を使うママも多いのではないでしょうか?アイスノンは頭の後ろに置くだけではなく、首の後ろや背中に置いても赤ちゃんにはとても気持ちがいいようです。

この時アイスノンを触ってみて、すぐに冷たさが感じないようにタオルなどでグルグル巻いてから使うようにしましょう。冷えピタも同じで、おでこにずっとつけていると頭だけが冷えるので、頭が痛くなり不快な気分になる赤ちゃんもいます。

高い熱が出た時や汗をたくさんかいているときは、脇の下や足の裏につけることで熱を下げるのにおススメです。

赤ちゃんが寝るときの暑さ対策で寝具を工夫する

大人にはまだクーラーも扇風機も必要ないけど、赤ちゃんは何だか暑そう…というときには布団を変えてあげましょう。

既に夏用の布団に変えていても少し工夫を加えます。例えばござのシーツを布団の上に置いて寝ます。夏によく売れるひんやりマットのようなものもいいですね。我が家の場合はひんやりマットの枕カバーを購入して、子どもに使っていました。

また、タオルケットをかけてあげてもすぐに蹴飛ばして困る。という方もいると思います。蹴飛ばしてしまってもしばらくそのままにして、朝方の温度が少し下がっているときに掛け直してあげたり、お腹だけは冷やしたくないのでお腹の部分だけ掛けるというやり方もあります。

お店でもいろいろなグッズが売っていますので、赤ちゃんに合うものを選んであげて下さいね。

赤ちゃんの暑さ対策グッズ一覧

まとめ

赤ちゃんが夜寝るときの暑さ対策は、手足が冷えすぎていないか、汗のかき具合などで大人が調節してあげないといけません。

汗をたくさんかいていると、汗もになってしまうことがあります。かといって汗を全くかかない状態にしてしまうと、体温調節ができなくなったり代謝が落ちたりすることもあります。本当に悩ましいところですが、少しくらい汗はかけるように調節してあげましょう。びっしょりかいてしまったら汗を拭きとって、着替えさせます。そのまま放置すると汗が冷えて今度は厄介な夏風邪を引いてしまうかもしれません。

夏真っ盛りの夜は、クーラーを28度に設定して、扇風機を一晩中つけているのがいいかもしれませんね。大事なことは赤ちゃんがぐっすり眠ることができるかどうかです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク