スポンサードリンク

幼稚園では楽しそうにしているのに、朝になると行くのを嫌がるという子も少なくありません。ただでさえ時間に追われている朝の時間にぐずぐずされてしまうと、親としても心配だったり焦ってしまったりと悪循環になることもありますよね。

そこで今回は朝、幼稚園に行くのを嫌がるときの対処法について紹介します。

【不安を取り除いてあげる】

子供が幼稚園に行くのを嫌がるのにはいくつか理由があり、その理由も様々です。

朝お母さんとバイバイするのが嫌だったり、

給食が嫌だったり、

お昼寝が嫌だったり

と考えられるポイントはたくさんあります。

しかし多くの場合は幼稚園に行ってしまえばケロっとしているというパターンですので、大好きなお母さんと「離れる」という瞬間が嫌だという子が多いです。

少なからず不安を感じていますので、その不安を取り除いてあげられるような声掛けを行いましょう。

子供を送っていくときは

「お母さんもお仕事がんばってくるよ!」

「○時になったらお迎え来るから待っててね!」

などといった前向きな声掛けが効果的です。

お迎えに行ったあとは

「早く会いたくて急いでお迎えに来たよ!」

「待っててくれてありがとう!」

といったように会いたかったということを伝えてあげるといいでしょう。

【心配なら先生とのコミュニケーションを密に】

子供が毎朝グズグズしていると心配になってしまうのはとてもよくわかります。どうしても心配な場合は園の先生に話を聞いてみたり、家での様子を伝えてみてはいかがでしょうか。

園での生活が見えてくればお母さんの心も軽くなるかもしれませんし、先生に話すことで安心できることもあります。子供は親の感情を敏感に察知するので、お母さんが不安に感じていることが伝わってしまい、子供も不安になるというパターンも少なくありません。

お母さんがどっしりと構えて「大丈夫!」という気持ちで接しているだけで子供の心にも余裕が生まれてきます。

【子供とのスキンシップをたくさん取る】

一般的には徐々に幼稚園の生活に慣れていき、子供自身も乗り気じゃないけど幼稚園には行くもの、という認識が生まれて泣かずに登園できるがやってきます。それでも中には何ヶ月経っても泣き続ける子もいますし、たまに涙が出てしまうこともあります。

元気に登園しているようでも子供は小さな心と体で頑張っています。一緒に過ごせる時間にはギュッと抱きしめてあげたり、褒めてあげたりとスキンシップを取ってわかりやすい形で愛情表現をしてあげましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク