スポンサードリンク

日焼けした後の肌には、
さまざまなトラブルが起こりがちです。

その人の体質やもともとの肌の状態、
日焼け具合によってぶつぶつが出来てしまったり、
かゆみも出ることがあります。

そこで今回は、
日焼け後のかゆみやぶつぶつ対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

日焼けによるぶつぶつのかゆみ

日焼けをすると、肌の水分が失われて乾燥します。

その乾燥が原因でかゆみが生じてしまいます。

さらに肌が熱を持っていると、
かゆみが一層強くなります。

肌が乾燥することでかゆみも生じますが、
ぶつぶつの発疹があると日光皮膚炎になっている場合があるので、
もし異常を感じたら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

美容マスター
そのまま放っておくと色素沈着したり、
かゆみが酷くなることがあるので、
注意が必要です。

この時、かゆみが気になるからと言って
絶対に掻きむしることは止めましょう。

日焼けによる痒みへの対処法

まず、水や氷を使って肌を冷やします。

肌が冷えると、
ある程度かゆみを抑えることができます。

また、熱を持っているとかゆみがひどくなることがあるので、
その対策にも冷やすのは効果的ではないでしょうか。

アイスノンや氷を袋に入れたものなど、
すぐに対処できるように日頃から用意しておきましょう。

日焼けによるぶつぶつの原因

日焼け後に肌にぶつぶつが出てしまう人は、
色白で日焼けをしても黒くならない人に多く見られます。

一般的に日焼けをすると赤くなり、
その後に黒くなるのですが、
中には肌が赤くならず、
ぶつぶつだけ出来てしまう人もいます。

これは、日焼け後に作られるメラニン色素が作られず、
アレルギー反応のような感じでぶつぶつが現れてしまう現象です

普通は、数日でそのぶつぶつは治まります。

ただ、痒みがひどかったり、
ぶつぶつが薄くなるどころか、
酷くなるようだったら、
皮膚科を受診することが大切です。

また、日焼け止めクリームを塗っているのに、
肌にぶつぶつが出来る場合がります。

これは、使用した日焼け止めに
問題があるかもしれません。

日焼け止めの成分の中に、
紫外線吸収剤を使われているものがあります。

これは、紫外線を一度吸収してしまうので、
肌にやけどのような症状が出て、
ぶつぶつになってしまうことがあるのです。

日焼け止めを使うなら、
紫外線散乱剤が使われているものが、
肌にも優しくおススメです。

日焼けで出来たぶつぶつの治し方

日焼けでぶつぶつが出来たとき、
すぐに薬を使いたいところですが、まずは肌を冷やして日焼けの炎症を抑えてから、化粧水などでたっぷり保湿をしましょう

ぶつぶつのかゆみ対策には、
なによりも日焼けをしないことです。

例え自宅の庭で、
洗濯物を干すだけの短い時間でも、
日焼け対策をしっかり行います。

そして、少しでも日焼けをしてしまったかな?と感じたら保湿ケアをきちんと行いましょう

また、皮膚科を受診した際は
ステロイド外用薬が処方される事が多いです。

でも持病などで症状を悪化させてしまうこともあるので、
抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの治療薬を処方してもらいます。

まとめ

日焼けによる肌トラブルには、
まず日焼けをしないように気をつけることが一番です。

できてしまったぶつぶつやかゆみ対策に、
薬はできれば使いたくない…と思う方もいるでしょう。

そんな方にはアロエやラベンダーなどの、
エッセンシャルオイルや、
スキンケア用オリーブオイルがおススメです。

どのような場合でも、
あまりにひどい様であれば、
迷わずに皮膚科を受診しましょう。

関連記事:皮膚が薄い人の特徴とは?敏感肌や乾燥に悩む人へのスキンケア方法
関連記事:日焼けでなぜ頭痛がするの?その原因と対処を解明

スポンサードリンク


スポンサードリンク