スポンサードリンク

師走の12月ともなると、
一段と冷え込みを感じる季節になりますよね。

日が暮れるのも早くて、
日照時間が短いのは少々寂しい気がします。

でも冬至が過ぎたら、
昼間の時間が徐々に
長くなっていくと思うと、
ちょっと嬉しい気持ちになりませんか?

冬至は昼間が一番短い日なのですが、
実は冬至に限ったわけではありません。

それに冬至は日の出が一番遅くて、
日の入りが一番早いというわけでもありません。

少し複雑ですね。

そこで今回は2015年の
冬至の日にちと日の入り、
日の出の時刻をご紹介していきます。

冬至はいつ?2015年では?

ずばり2015年の冬至は12月22日。

クリスマスイブ目前!

冬至の日にちは毎年同じ日ではありません。

どうやって決められているかと言うと、
定気法(ていきほう)という方法で
計算されています。

これは、春分や秋分、立春の日などの
季節の節目を24に分けた、
二十四節気を割り出す方法です。

冬至もこの二十四節気の一つで、
太陽の位置から特定の計算式によって、
北半球で一番昼の時間が短くなる日を
割り出しています。

その年によって冬至の日が
1~2日前後することもあります。

ちなみに2016年から
2020年までの冬至の日も既に計算されています。2016年:12月21日
2017年:12月22日
2018年:12月22日
2019年:12月22日
2020年:12月21日

 

となっています。

冬至2015の日の入りについて調べてみた

全国の主な地域の日の入り時刻は以下の通りです。

北海道 札幌:16:03
宮城県 仙台:16:21
千葉県 千葉:16:30
東京 :16;32
長野県 長野:16:39
愛知県 名古屋:16:45
大阪府 大阪:16:52
和歌山県 和歌山:16:54
広島県 広島:17:04
高知県 高知:17:02
福岡県 福岡:17:14
沖縄県 那覇:17:43

 

ご覧の通り、冬至の
各県の日の入り時間はバラバラです。

前にも書きましたが、
冬至は1年を約15日ずつ24に分けて、
それぞれに名前を付けた
二十四節気の中の一つです。

そのため冬至は一日で終わるわけではなく、
次の節気の小寒の前の日までの
期間を指す言葉でもあります。

小寒→大寒→立春にかけて
寒さが厳しくなると言われています。

確かに一年の中でこの時期が一番寒い季節ですね。

ちなみに全国的に見ても、
日の入り時間が一番早いのは
どこの都道府県も12月上旬になっています。

この時期は確かに早く日が沈むので、
仕事帰りの際はもうすっかり外は
真っ暗になっていますよね。

冬至では日の出はいつ?東京や大阪

それでは次に日の出時刻を見て行きましょう。

東京:6:46
大阪:7:00

北日本と南日本を比べてみると

札幌:7:01
福岡:7:18
沖縄:7:11

日が沈むのが一番早い地域が
北海道だというのは、
なんとなく想像できましたが、
反対に日の出の時刻が一番遅いのが
沖縄ではなく、福岡ということは意外でした。

ここで豆知識を一つ。

冬至という名前は、
天文学的には天球上を太陽が通過する場所の
名前なのだそうです。

そして2015年の冬至の場所を太陽が通る時刻が、
12月22日の13:48になります。

冬至の瞬間を含んだ日を冬至日と呼びます。

まとめ

冬至の日にちと日の出、
日の入り時間についてご紹介してきました。

一番意外だったことは、
冬至が最も日の出が遅くて、
日の入りが最も早いわけではない
ということでした。

実際に日の出が一番遅い日は、
冬至の半月ほど後になります。

そうして日の入りの一番早い日は、
冬至の半月ほど前になります。

なぜ冬至が一年の中で
最も昼間が短い日になるのでしょうか?

その理由の一つに、
昼間の長さが太陽の高さで決まることにあります。

太陽が空の高いところを通過すれば、
それだけ空を横切る時間が長くなります。

逆に低いところを通れば、
横切る時間が短くなります。

つまり太陽が空の一番高いところを
通過する日が夏至、

空の一番低いところを
通過する日が冬至です。

だから冬至が一年で
昼間が一番短い日なんですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク