スポンサードリンク

関東では3月下旬から各地の桜の名所で開花が始まり、お楽しみのお花見シーズンが到来です。今回は東京の桜の名所をランキングでトップ5をご紹介します。上位にランクインしているのは、みなさんご存知の場所ばかりです。ぜひ今年のお花見やお花見デートの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

東京の桜名所ランキング トップ5選!

待ち遠しかった桜の季節。東京には桜の名所がたくさんあるのをご存知でしょうか。ロマンチックな夜桜が堪能できるライトアップや、桜祭り、各種のイベントなどお花見シーズンぴったりの行事が盛り沢山です。今年も桜の名所でマナーを守って楽しいお花見を迎えましょう。

桜の名所東京ランキング 5位六本木ヒルズ 毛利庭園・さくら坂

回遊式の日本庭園、毛利庭園で六本木ヒルズを開発する以前からこの地に根を張る桜の木を見上げながら、春の散歩が楽しめます。また六本木けやき通りと平行している六本木さくら坂では、この地の開発と同時に生まれ育ってきた桜並木が楽しめます。桜開花時期になると毛利庭園でもさくら坂でも、夜桜のライトアップが行われ、大都会の六本木ヒルズに情緒ある景色が広がりとても素敵です。
毛利庭園には8本のソメイヨシノがあり、これらは六本木ヒルズが開発される前から根を下ろしている老木ですが、毛利庭園のシンボル的な存在になっています。一方の六本木さくら坂にはソメイヨシノが75本並んでいて約400mの桜並木になっています。
桜の開花時期は3月下旬から4月中旬頃までで、料金は無料です。桜のライトアップ17時半から23時まで。六本木さくら坂は22時30分までとなっています。

桜の名所東京ランキング 4位上野恩賜公園

言わずと知れた東京の桜の名所の上野恩賜公園です。ここは四季折々の自然を堪能できる都会のオアシス的な存在で、春には約800本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇ります。上野動物園や美術館も近くにあるので、子どもから大人まで一日中満喫できます。
桜の見頃は3月下旬から4月上旬ころまでで、ライトアップは3月中旬から4月中旬頃まで。時間は17時半から20時を予定しています。料金は無料でトイレや売店があります。

桜の名所東京ランキング 3位隅田公園

隅田川の吾妻橋と桜橋の間は江戸時代から続く桜の名所です。スカイツリーと桜を同時に楽しめる贅沢なお花見スポットですよ。隅田公園には約1000本の桜の木があり、屋形船から両岸に生える桜並木を眺めるという風流なお花見も楽しめます。
桜の開花時期に合わせて桜祭りも開催されます。夜にはライトアップした夜桜を眺めることができて、隅田川の屋形船から風情ある花見が楽しめます。見頃は3月下旬から4月上旬まで。ライトアップは18時半から21時まで。料金は無料でトイレや売店があります。

桜の名所東京ランキング 2位六義園

東京駒込にある六義園。ここでは関東では数少ない国の特別名勝に選ばれている、とても歴史のある場所です。六義園のシンボルであるシダレザクラは高さが15m、幅は20mもあり、薄紅色の花が流れる滝のように咲き誇る姿は圧巻。期間限定のライトアップも必見です。桜の見頃は3月中旬から4月上旬。時間は朝9時から夜9時まで。料金は一般300円、65歳以上150円、小学生以下と都内在住の中学生までは無料です。トレイと売店があります。

桜の名所東京ランキング 1位目黒川

東京の桜の名所ランキング第1位は目黒川です。約4㎞の目黒川沿いには800本の美しい桜が咲き誇ります。休日にのんびり桜を見ながら川沿いを歩きたい気持ちになります。また目黒川沿いには個性的なお店も立ち並んでいるので、お花見もショッピングも両方楽しめる人気のスポット。毎年大勢の花見客で賑わいます。花見期間中は火が灯されたボンボリが飾られ、夜桜も楽しめます。

まとめ

大都会の東京に風情のある桜が楽しめるスポットが意外にもたくさんあります。お花見はもちろん、桜を愛でながらお散歩したり、デートなどお気に入りの場所を見つけて下さいね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク