ミントな情報

役に立つ雑学知識を3分で読めるブログです。

化粧崩れしない方法って夏で汗をかいても可能!?鼻のテカリやアイメイク対策

      2016/06/28

夏になると外は暑くて汗をかくのに、室内はクーラーで冷え冷えとして乾燥します。

そんな夏は化粧崩れに悩む季節。テカった肌やドロドロお肌、いっそのことメイクなんてしたくない!と思いますよね。

今回は化粧崩れの原因や、汗をかいても大丈夫なお肌作りについて解説していきます。夏の化粧崩れに負けない肌になりましょう。

サラフェ

化粧崩れしない方法って夏で汗をかいても可能?

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

化粧崩れの原因はクーラーなどの冷風と、紫外線の影響によって起こるお肌の乾燥です。

お肌は乾燥するとこれ以上水分を逃さないように、皮脂を分泌して膜を作って肌を守ろうとします。

水分のあるお肌は油分によって肌の乾燥を防ぐことができますが、乾燥が進んだ肌は水分量が不足しているので、いくら皮脂を出して膜を作っても乾燥を防ぐことができません。乾燥した肌に余計な油分が出てくるので化粧崩れが起こるのです。

そこで化粧崩れしないお肌作りを目指しましょう。

化粧崩れしない3つの方法

① 保湿を徹底する
夏は汗でべたつくからと、化粧水だけで済ますと肌が乾燥するので皮脂が過剰に分泌します。暑いからこそしっかり乳液やクリームを使って保湿しましょう。でも付けすぎは厳禁。過剰な油分は化粧崩れを起こしてしまいます。そこで乳液やクリームを塗った後は、ティッシュで優しく押さえて余分な油分を取り除きましょう。
ベースメイクはかなり重要なポイントです。保湿し過ぎると汗と混ざってすぐにドロドロしますし、保湿しないとクーラーで乾燥してガサガサお肌になってしまいます。やはり適度な保湿がとても大切なのです。

② 毛穴を冷やして引き締める
化粧崩れしやすいタイプの人は、メイクをする前に肌を十分冷やしましょう。やり方は簡単で洗顔した後に化粧水を付けて、乳液を塗り終わった後に冷やしておいたジューズの缶などを顔にゴロゴロ当てて冷やすだけです。これで毛穴が引き締まって化粧崩れの予防になります。

スポンサードリンク

③ パウダーは叩き込んで使う
ベースメイクが完了したら仕上げのパウダーをパフで叩き込んでください。こうすると汗をかいてもメイクを崩さずにメイクの上を流れていきます。ちょっとパウダーを付けすぎたかな、と思うくらい付けた後に化粧水をスプレーするとフィット感バツグンの崩れないベースメイクの完成です。

化粧崩れしない方法で鼻の化粧が崩れないのはどうしたら良い?

鼻の頭などいわゆるTゾーンは油分が多いのでテカりやすく、化粧が崩れやすい箇所。

そのため油分の多い箇所にはクリームなどの保湿は控えめに付けましょう。スキンケアも化粧崩れと大きく関わっています。

何も考えずに鼻にもたっぷり保湿クリームを塗ると、小鼻のメイクが崩れやすくなります。

乾燥しやすい頬や目の周り、口元とTゾーンでは保湿クリームの量を調節して使います。

化粧崩れしない方法でアイメイクがパンダ目にならないためには?

マスカラが化粧崩れして困るのがパンダ目になること。

そんな顔になってしまったら恥ずかしくて外を歩けませんよね。

アイメイクがパンダ目にならないためには、朝の洗顔後は化粧水と乳液だけを使い、美容液やクリームなど油分の多いものは使わないようにします

またファンデーションは厚く塗り過ぎると崩れやすいので、ファンデーションは薄く最小限の量にしておくのがベター。

また涙袋にフェイスパウダーを軽く乗せると、目の下をサラサラに保つことが出来るので、マスカラやアイラインの付着を防ぐことができます。

アイラインはペンシルタイプのものは油分が付くとすぐに落ちてしまうので、パンダ目になりやすい人はリキッドタイプやフェイルムタイプのものを使いましょう。

マスカラを塗る前に綿棒で余分な油分を取っておくと、マスカラが落ちにくくなります。そしてマスカラを塗ったまつ毛とファンデーションが触れないように、まつ毛をビューラーでカールさせます。これでファンデーションとマスカラが付きにくくなるので、パンダ目を予防できます。

サラフェ

まとめ

日々のちょっとした対策で化粧崩れのしないお肌をキープできます。暑い日でもキレイなメイクで過ごしましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

 - 美容・ダイエット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s
皮膚が薄い人の特徴とは?敏感肌や乾燥に悩む人へのスキンケア方法

皮膚が薄いってどんな状態を言うのでしょうか? 実は、前にエステをしているときに肌 …

e1b2ce13c960b3e669d965e728c4004a_s
脇の黒ずみを解消したい!原因を探して自宅で簡単にできるケア

温かくなるとファッションも薄着へ衣替え。 そんなとき、電車の吊り革を持ったらワキ …

no image
多汗症の方必見!脇に汗が出る原因と臭い対策

蒸し暑い通勤電車の中、つり革につかまることを躊躇してしまう、人前でしゃべるときに …

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
日焼けでなぜ頭痛がするの?その原因と対処を解明

日光に直接当たっていると、頭痛が引き起こされる場合があります。 スポンサードリン …

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s
顔の乾燥肌対策どうしてる?スキンケアやお手入れ方法のお悩みに

乾燥肌をしていると、いつも肌が乾燥して気になります。 私も極度の乾燥肌で、化粧品 …

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s
ココナッツオイルの効果と効能!ミランダカーも話題のダイエット

モデルのミランダ・カーやハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーも愛用中のココナ …

1079a04e903cdd28b709650b2570a890_s
浴衣に合う髪型アレンジ 大人ショート・ボブ・ミディアム・ロング

これからの季節、夏祭りや花火大会など浴衣を着る機会が多くなってきます。 せっかく …

ccc9d4082c1ab7ffe3d8b94e3d3501e2_s
雪肌ドロップの評判は?本当に効果があるの?副作用と口コミ

夏になると日差しが強くなり、日焼けと紫外線によるお肌への影響が気になりますよね。 …

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s
産後の抜け毛がひどい!いつまで続くの?自宅で元通りになる対策と予防

子供が出来るまでは、あまり気にしたことがなかった髪の毛。 私は元々、髪の毛が少な …

0237_300x250
ビーグレントライアルキットの効果は?シミは消える?体験してみた結果

年齢を重ねてくると気になるお肌のしみやくすみ。 気になるお肌のシミに効くという噂 …