スポンサードリンク

日本の夏の風物詩である花火。

毎年全国各地で開催される催し物ですが、今回ご紹介するのは鎌倉花火大会です。

スポンサードリンク

鎌倉花火大会とは?

外国人観光客も多い古都鎌倉で行われる花火大会は、2017年で第69回目となる歴史ある花火大会。

見どころはなんと水中花火!

初めて聞く方は「え?!水中花火」と思われるかもしれませんが、由比ヶ丘で開催される海上花火大会で、通常の陸地で行われる花火大会とは一味違った綺麗な花火を堪能することができます。

それに由比ヶ丘まで行く道中も鎌倉らしい、美しい古都の風景を楽しむことができますよ。家族で行っても良し、カップルでデートに行くにもおすすめの花火大会です。また花火の打ち上げ総数はおよそ2500発と、他のメジャーな花火大会に比べると少な目ですが、有名な花火業者の作品であったり水中花火と豪華絢爛なスターマインのコラボもあるので盛り上がること間違いなし!

花火鑑賞の他、鎌倉観光を始め海水浴や湘南巡りなどもできる魅力いっぱいの花火大会になっています。それでは鎌倉花火大会の日程と時間、アクセス方法や交通規制などについてご紹介していきましょう。

鎌倉花火大会の日程と時間は?

実は2017年の鎌倉花火大会は一度中止!と発表されていました。

しかし花火大会を待ちわびる沢山の市民からの強い要望で、一度中止と決定された花火大会は、開催される方向で再び発表されました。正直嬉しい気分です。ただ一度は中止とされてイベントなため開催日こそ決まったものの、時間と打ち上げ本数はまだ正式に発表されていません。

その花火大会の開催日は7月19日(水)で、時間は未定ですが2016年は19:20~20:10で打ち上げ総数は約2500発でしたので、おそらくこれと同じになるでしょう。関東でも有名な人気のある花火大会ですので、開催されることになって嬉しいのですが、いろいろとまだ問題が起こりそうと言うか、変更が出てくるような予感がします。

そのため去年までの鎌倉花火大会と多少違った部分が出てきそうですので、事前に自分でも確認しておくと良いでしょう。

鎌倉花火大会のアクセス方法と交通規制や駐車場

鎌倉花火大会まで電車で行く場合は、江ノ島電鉄由比ヶ丘駅から歩いて5分、同じく江ノ島電鉄和田塚駅から歩いて5分で行くことができます。

またJR鎌倉駅からは徒歩15分で行けます。車で行く場合会場周辺では交通規制がしかれます。若宮大路の車両禁止時間は18:30~22:30で、鎌倉駅前交差点から滑川交差点まで通行止めになります。

また鎌倉駅東口と西口ロータリーも18:30~23:00まで入ることができません。自家用車で行く場合のおススメ駐車場は次の通りです。

・由比ガ浜地下駐車場(鎌倉市由比ガ浜4-7-1)
・カネ石駐車場(鎌倉市材木座1-4-8)
・材木座駐車場(鎌倉市材木座6-886-2)
・大仏前駐車場(鎌倉市長谷4-548-4)
・稲村ガ崎駐車場(鎌倉市稲村ガ崎1-1090-51)

鎌倉花火大会の打ち上げ場所はどこ?

由比ヶ丘海外と材木座海外で開催されます。

初めて聞く方は「2つも会場があるの?」と驚かれるでしょうが、滑川を間に東と西で呼び方が違うだけなので、基本的には同じ海岸線で行われます。要は海岸線に沿って広いエリアで花火を観賞できるというわけです。由比ヶ丘海岸の住所は神奈川県鎌倉市由比ガ浜4で、材木座海岸の住所は神奈川県鎌倉市材木座5丁目となります。

鎌倉花火大会の穴場スポット

それでは鎌倉花火大会の穴場スポットをご紹介しましょう。

・長谷駅から近い海岸
・材木座海岸
・披露山公園
・大崎公園
・鎌倉海浜公園
・市営プール近くの防波堤

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

・長谷駅から近い海岸
穴場は長谷駅から近い海岸がおすすめ。と言うのも駅のすぐ横に川があるので、川沿いを伝って海岸に行くことができます。地元の人はそこで海水浴をして遊んでいる場所なので、比較的場所取りがしやすいスポットです。

・材木座海岸
同じく材木座海岸ははずせません。

・披露山公園
そして披露山公園も穴場スポットです。ここは由比ヶ丘海岸からは少し離れてしまいますが、逗子マリーナや由比ヶ丘、江ノ島まで一望できる絶景スポットなのです。

・大崎公園
また大崎公園は逗子マリーナからすぐの場所にあって、披露山公園からも歩いて8分程度で行くことができます。ただこの公園には駐車場がないため車で行く方は披露山公園の駐車場を利用しましょう。

・鎌倉海浜公園
次に鎌倉海浜公園ですが、ここは広大な広さを持つ公園として有名です。3つのエリアに分類されていて、由比ヶ丘エリアは高台にあり芝生やグランドもあるのが特徴です。

・市営プール近くの防波堤
最後は市営プール近くの防波堤です。駐車場さえ見つかれば防波堤を歩きながらゆっくり花火を観賞できるスポットです。

まとめ

とりあえずは開催決定された鎌倉花火大会。

魅力満載の水中花火が見られるので、テンションもあがりますよ!それに鎌倉には沢山の観光スポットがあるのも魅力の1つです。花火大会だけじゃなく、大仏や鶴岡八幡宮、銭洗い弁天など有名どころはもちろん、他にも歴史と風情のあるお寺や神社が多いのが特徴です。

それに小町通を紫芋アイスクリームを食べながら散策するのも良いですし、女の子が大好きな和スイーツのお店やお土産物屋さんも豊富で見ているだけで楽しくなります。花火大会のついでに鎌倉周辺を回って楽しんでくださいね!

スポンサードリンク


スポンサードリンク