スポンサードリンク

台風13号が台湾へ上陸したというニュースの傍で、最新の14号が小笠原近海で発生しました。

そこで、台風14号の最新情報をお送りしたいと思います。

台風情報14号2015最新発生!

2015年8月7日21時に小笠原近海で、台風14号(モラヴェ)が新たに発生しました。

気象庁による詳しい情報をまとめています。

<2015年8月8日07時>

【中心気圧】 998hPa
【存在地域】 父島の東南東約410km
【最大風速】 18m/s
【最大瞬間風速】 25m/s

新たに発生した台風14号ですが、13号ほどの強烈な台風ではなく、
今後はそこまで発達することがないという予想になっています。

台風情報14号進路予想 関東や東京にくる!?

現在、小笠原近海で発生している台風14号ですが、北西へ時速20キロメートルの速さで進路を進めており、10日の月曜日頃に伊豆諸島の南海上へと進んで行くと予想されています。

11日の火曜日までには、進路を東に向きを変え東京や関東への直撃コースにはならないという見込みです。本州上陸という予想もなく、日本列島直撃とならないようにして欲しいなと思います。

関東圏や東京へもし直撃してしまったら、、、交通の混乱と大勢の人へ影響が起きてしまうと思うと、大変なことが起きるぞ!と、一瞬、気象図を見てヒヤリとしましたが、そのまま進むのではなく、右側へ大きく逸れていく様子なので少しホッとしました。

台風情報14号の影響

台風14号の影響ですが、太平洋側で海が大荒れとなる予想です。高波や大シケに注意して、海岸付近には近づかないようにしましょう。

そして、このまま進路を変えないようであれば大丈夫ですが、気象のことは分かりません。もしかしたら、突然進路を変えて関東の方へ来る場合もありますので、引き続き、注意して台風の状況を確認しておくことが必要になってくると思います。

まとめ

毎月頻繁に発生している台風ですが、1月から8月まで台風が毎月発生するということは、実は1965年以来約50年ぶりの出来事なのだそうです。

余り大きなニュースになっていなくても、小さな台風は毎月発生していたということですね。もちろん、大きな台風の場合は警戒が必要です。

これからも沢山の台風が発生すると思いますので、十分に防災意識を持って準備しておきましょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク