スポンサードリンク

子どもの晴れ舞台の一つでもある七五三。

子どもの衣装を決めて髪型をどのようにするか迷っているママは、忙しさに飲まれてつい自分の髪型をセットする時間がなくなってしまうこともあります。特にママが着物を着る場合は、髪型のセットも変わります。

あまり時間をかけず簡単にできて、お洒落で品のある髪型にして、七五三の記念撮影をバッチリキメたいですよね。

そこで今回は、ママの着物に似合うおススメヘアスタイルをご紹介していきます。

スポンサードリンク

七五三!ママの着物に合う髪型

とにかく忙しいママにとって、自宅で簡単にできる髪型が一番嬉しい。それはズバリ、ポニーテールでしょう。ポイントとしては、左右の髪を少し残して高い位置にポニーテールを作ります。そのポニーテールをカールさせるだけのお手軽ヘアスタイル。髪飾りは和風のものを付けるといいですね。

前髪を作っていないロングヘアのママにおススメなのが、前髪をただねじりながら後ろに回していってまとめるだけの髪型。
忙しい七五三の当日でも時間をかけずにサッとできるし、見た目もお洒落ですよ。

かなり長いロングの人なら、お団子がいいでしょう。大きめのお団子にセットしたら和風感がかなりアップして、和装にぴったりです。

ショートヘアのママであれば、そのままストレートにするのがベストです。
くせ毛の人なら前髪をどちらかに流して、髪全体をヘアアイロンなどでストレートに整えます。これだけでは少し寂しいかな、と感じる人は髪飾りを付けてアクセントにすると良いでしょう。

和装髪飾り商品一覧

七五三!ママの着物に似合う髪型 ボブヘア

着物のヘアスタイルと言えば、晴れ着の髪型がイメージしやすいですが、これでは少し派手過ぎます。

ママの髪の毛の特徴と、髪型の華やかさのバランスが取れたものが理想です。ボブヘアのママなら、素のままでも良さそうに感じます。でもそれではちょっと地味に思う人もいるかもしれません。物足りないママには前髪だけをまとめて後ろの方に留め、和風の髪飾りをワンポイントとして付けると、一気に華やかさアップです。

他のアレンジとしては、

① 全体的に髪を内巻きにブローする。
② トップの髪に軽くワックスを付けて、ポンパドールを作りピンで留める。
③ 両サイドとバックの髪をつまんで、ハードスプレーやワックスで動きを付ける。
④ 最後はポンパドールのピンを隠すようにヘアアクセサリーを付けて完成。

ヘアアクセ選びのポイントは、着物や帯、小物の色と合わせることです。そうすることで全体的に統一感が出て、完成度がかなり上がります。

七五三!ママの着物 ヘアスタイルおすすめ

ボブより長い髪のママは、着物の時はまとめ髪にすることをおススメ。最近では洋風のアレンジをするのが流行っていますね。セミロングのママにおススメなのが
① 髪の毛全体にヘアスプレーを付ける。
② トップの髪を少しずつ持ち上げて、コームで逆毛を作る。
③ 髪の表面を手ぐしで整え、分け目を決める。
④ 片側の髪だけ後ろに持って行き、ピンで留めてしっかり固定する。
⑤ 反対側の髪は上から3~4ブロックずつ、軽くねじりながらピンのところに留めていく。
⑥ 残った毛先は小さくまとめて隠し、ピンで固定。
⑦ 最後は髪の毛の重なった部分を隠すようにヘアアクセを付けて完成。

ロングヘアのママにおススメなのが、すっきりまとめたまとめ髪。

これはとても着物に似合う髪型ですが、あまりカッチカチでキュッと固めて過ぎてしまうと、ちょっとダサイ感じになってしまいます。素敵なまとめ髪のアレンジの作り方はこちら。

① 髪を頭のトップで一つに結ぶが、最後だけ髪をゴムから抜き切らないでお団子を作る。
② ゴムより根元側を少し緩めて隙間を作り、お団子を入れ込む。
③ 毛先の髪もまとめて同じように入れ込む。
④ ピンを2~3本使って入れた髪を固定。
⑤ 髪飾りを付けてハードスプレーで後れ毛を固定して完成。

和装髪飾り商品一覧

まとめ

子どもが主役の七五三です。ママが派手な衣装や髪飾りをつけるのは控えましょうね。

大人っぽく、かつ上品に清潔感溢れる服装と髪型にして、落ち着きのある印象になるよう心がけましょう。ご紹介した髪型は七五三だけでなく、入学式や卒業式にも活躍してくれますよ。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク