スポンサードリンク

今回は季語を盛り込んだ
季節の挨拶やお礼状の、
手紙の書き出し文をご紹介します。

季語を入れることでとても趣が出ますよね。

その年によって
暑さや寒さなどの気候が違います。

年賀2

台風が多い9月もあれば
上旬まで真夏日を観測するような
9月もあります。

そのときの季節感や
実際の自分の感覚によって、
季節の挨拶は季語を使い分けてください。

手紙の季語を含んだ書き出し9月の例文

個人宛とビジネス向けを含め、
季語を入れた9月の手紙の書き出し文の例を
ご紹介します。

初秋の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
早秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
新秋の候、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?
新涼の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます
他にも
清涼の候、
爽涼の候、
爽秋の候、
秋涼の候、
涼風の候、
野分の候、

などがあります。

この○○の候と言うのは、

○○の季節になりました。
○○の頃になりました。

という意味です。

手紙の書き出し9月上旬の挨拶

9月上旬頃に使える
手紙の書き出し文をご紹介します。

・拝啓 秋分を迎え、吹く風もようやく秋めいてまいりましたが、いかがお過ごしですか?
・拝啓 新秋の候、皆さまにはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
・今年は格別に残暑が厳しいようですが、お元気でお過ごしですか?
・爽やかな秋風が吹く季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
・長かった酷暑もひと段落しましたが、酷暑もようやくひと段落しましたが、お変わりありませんか?
・新学期が始まり、日焼けした子ども達が家の前を行き来するようになりました。お元気にお過ごしでしょうか?
・日中の暑さはまだ厳しいですが、いかがお過ごしですか?
・空が高くなり、白い雲がたなびく季節になりました。
・初秋の涼風にコスモスが揺れる季節になりました。
・一年の中で一番月が綺麗な季節になりましたが、・・・
・爽やかな初秋の風の中、いろいろな虫の音が聞こえるようになりました。
・やっと暑さから解放され、ますますお健やかにお過ごしのことと思います。
・夕焼け空にトンボが飛ぶ季節になりましたが、・・・
・朝夕は涼気を感じるようになりましたが、・・・。
・お店にも秋の味覚が並び始めましたが、・・・。
・一雨ごとに秋の爽やかさを感じる季節になりましたね。

年賀2

手紙の書き出し9月下旬の挨拶

続いて9月下旬頃に使える
手紙の書き出し文をご紹介します。

この頃になると

秋冷の候、
孟秋の候、
秋涼の候、
白露の候、

といった季語が使われます。

・彼岸花が咲く季節になりました。お変わりなくお過ごしでしょうか?
・畦道の彼岸花が鮮やかに咲いております。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
・拝啓 秋涼の候、お変わりなくお過ごしでしょうか?
・秋の夜長、虫の鳴き声が心地よい季節となりました。お元気ですか?
・秋風にコスモスが揺れる季節となりました。皆さまもお変わりなくお過ごしでしょうか?
・澄んだ青空が秋を感じさせます。ご家族の皆様はお変わりなく何よりと存じます。
・スポーツの秋到来です。〇〇さんはいかがお過ごしですか?私は清々しい秋空の下を、毎朝ジョギングをして楽しんでおります。

またビジネス文書では

・秋涼の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
・朝夕はめっきり涼しく過ごしやすなりましたが、お変わりございませんか?

などがあります。

まとめ

9月を表す季語を含んだ挨拶は、
風や空など大気の変化を感じさせる
言葉が多いですよね。

暑い夏が終わり爽やかな秋風を感じると、
なんとなく空を見上げたくなります。

実りの秋はもうすぐそこですね。

スポンサードリンク


スポンサードリンク