スポンサードリンク

夏に大人気のバーベキュー。家族や友達とワイワイと集える楽しさがありますよね。

でも何回かBBQを続けていくと、レパートリーも尽きてきて、え?またこれ?とマンネリ化してしまうこともあります。

そこで今回はバーベキューのおススメ定番食材から面白い変わり種の食材などをご紹介します。

スポンサードリンク

バーベキューの食材におすすめの物は?

定番おススメ食材のお肉。牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉、ソーセージ、フランクフルト、ハム、ベーコンです。

野菜は玉ねぎ、かぼちゃ、アスパラ、ジャガイモ、ビーマン、トウモロコシ、なす、ニンニク、きのこ類です。切ってももちろんいいですが、バーベキューには野菜の丸焼きがおススメです。特になすやピーマン、ニンニクや玉ねぎは、丸ごと焼くと野菜の甘みが出て美味です。

魚介類は貝付きホタテ、鮭、海老、イカ、さんま、ハマグリ、サザエ、カキ、干物など。炭火で焼くさんまの干物は本当に美味しいので、ぜひ作ってみてください。

炭水化物系は焼きそば、焼きうどん、焼きおにぎりです。味付けに焼き肉のたれ、ポン酢、レモン汁、醤油、バター、オリーブオイルなど。バーベキューの食材は串焼きにしたり、アルミホイルに包んでホイル焼きにしたりと、いろいろ楽しめます。

バーベキューをするのが初めてで、何を準備すればいいかよく分からない方でも、ここにご紹介した食材を用意すれば間違いありません。バーベキューの主役は何と言ってもお肉。牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉の他にお子さんがいるご家庭では、ソーセージやフランクフルトがあると喜ばれます。

バーベキューの食材で話題になる変わり種

マシュマロとフルーツのホットスイーツ。

フルーツのホットスイーツは好きなフルーツをアルミホイルに敷き詰めて、その上にマシュマロを散らして焼くだけです。マシュマロが熱でとろけてくるので、これとフルーツを絡ませて食べると、甘くて美味しいデザートに変身。

次はチーズフォンデュ。アルミホイルの上にカマンベールチーズを丸ごと乗せるだけ。チーズが溶けてきたら、バゲットやソーセージ、余った野菜などと絡ませて食べます。簡単チーズフォンデュの出来上がり。

最後はビア缶チキン。準備するものは丸鶏1羽、ニンニク、塩コショウ、缶ビール1本です。作り方はまず鶏の皮をフォークでぷすぷすと穴をあけます。そして全体に塩コショウをまんべんなく振りかけ、お尻の穴に潰したニンニクを入れ、缶ビールの蓋を開けたらその上に、丸鶏をかぶせるように穴に刺して立たせます。見た目は大胆過ぎますが、ビールでお肉がジしっとりューシーになり、とっても美味です。

他にもマグロやカツオの刺身を焼きます。切らずに丸ごとドカンと焼いてバーベキューの豪快さを楽しみます。焼けたらタタキ風に切って青ジソドレッシングで頂きます。他にも魚のカマに塩コショウを振って焼きます。安いですが焼くと本当に絶品。

バーベキューの食材に面白い美味しい具材

バーベキューの締めに、焼きおにぎりはいかがですか?自宅で握っておいて、醤油などで軽く味付けしてから焼きます。おススメはうにをのせて頂きます。普通の焼きおにぎりが一気に高級な一品に。

また、網でバゲットなどを焼いてガーリックバターをつけて食べます。簡単に美味しいガーリックトーストの出来上がり。お肉やウインナーをのせてホットドック風にアレンジもできます。パンはチーズを乗せて焼いたり、ハンバーガーのように肉と一緒に食べたり、アレンジも豊富で値段もお手頃なので、あるととても便利な食材です。

続いてハンバーグ。自宅で作っておいて後は焼くだけ。作る手間はかかりますが、炭火ハンバーグの味は最高です。

そして、こんにゃく。鉄板でぶつ切りにしたこんにゃくを炒めます。塩コショウ、醤油、焼き肉のたれなどで味付けします。低カロリーなのに食べ応えのある一品です。

デザートに焼きリンゴはいかがでしょうか?芯をくり抜いて中にはバターとお砂糖を詰めます。後はアルミホイルに包んで焼くだけ。これで絶品デザートの出来上がり。

「選べる部分脱毛」

まとめ

面白い食材でも簡単にいろいろ作れるので、バーベキューのレパートリーを増やして参考にしてください。

関連記事:バーベキューを木炭で!付け方と火起こし、量は?使った処理はどうする?
関連記事:バーベキューの準備はチェックリストでOK!自宅での注意点とおすすめの食材と野菜
関連記事:雪肌ドロップの評判は?本当に効果があるの?副作用と口コミ

スポンサードリンク


スポンサードリンク