スポンサードリンク

梅雨入り宣言がされて、もうすぐぎらぎら太陽が照りつける暑い夏がやってきますね。

初めて赤ちゃんを持つママはもちろん、小さい子どもがいるママにとっても心配なのがお出かけをするときの暑さ対策。抱っこ紐がいいか、それともベビーカー?素材はどうする?

赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできないので、ママが気を付けてあげないと熱中症になってしまう危険があります。

今回は外出時の赤ちゃんの暑さ対策についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの外出時の暑さ対策と注意点

ネットショッピングでも店頭でも、赤ちゃんの暑さ対策グッズは本当にいろいろありますよね。

みなさんがよく知っているもので、抱っこひもや日よけ付きの帽子、汗とりパッド、アイスノンや冷えピタなどの保冷剤ではないでしょうか?赤ちゃんと外出するときの一番効果的な暑さ対策は、ズバリ暑い時間帯のお出かけを避ける!これに尽きます。

でも用事があったり、どうしても出かけなければならないこともあります。

ただ暑い時間帯にベビーカーに乗せるのは実はとっても危険なのです。アスファルトの照り返しは低い位置にいるほど強烈で、ママが感じる温度の何倍も高いのです。そんな時の暑さ対策として

赤ちゃんの暑さ対策グッズ一覧

① 保冷剤の活用
これはとっても効果的なグッズの1つです。凍らせた保冷剤をタオルなどに巻いてベビーカーの背中部分に入れておけば、ベビーカー内の温度を下げてくれます。時々赤ちゃんの背中を触って冷え過ぎていないか確認しましょう。

② 反射シートの活用
ベビーカー用の反射シートを活用すれば、熱と紫外線をカットできます。日よけ付きの帽子や汗とりパッドを併用するともっと効果的です。

③ 小まめな水分補給
特に暑い夏は水分補給が欠かせません。お水や麦茶を携帯しているママが多いですよね。母乳やミルクでも十分なのですが、母乳を与えるときはママもしっかり栄養補給と水分補給をしましょう。特に授乳中のママは喉が乾きやすいものです。ママが脱水症状を起こしてしまっては大変ですよ。

赤ちゃんと抱っこ紐で出かける際の暑さ対策

抱っこ紐の場合、赤ちゃんとママが直接触れあう部分が多いので、どうしても暑くなってしまいますよね。できれば密着していたくないけれど、そうはいきません。

おススメはカンガルーの柔らか保冷シートです。赤ちゃんの背中と抱っこ紐の間に冷却ジェルを挟んで使います。このジェルは冬には温めて使うこともできる優れ物。夏も冬も快適に使えるのが良い点です。

赤ちゃんの暑さ対策!ベビーカーの場合は?

ベビーカーでの暑さ対策のポイントは次の4点です。

① 日よけシートとカバーを使う
② ハイシートベビーカー
③ ベビーカー用保冷剤
④ 保冷剤をタオルに包んで首に巻く

① 日よけシートとカバーを使う

日よけシートやカバーで直射日光を避けて、体感温度はかなり下がります。

赤ちゃんはとてもデリケートなのでこれは基本中の基本です。

② ハイシートベビーカー

ハイシートベビーカーがおススメ。

まだベビーカーを購入していない方にはおススメです。

赤ちゃんが座る席の高さが高くなっているので、アスファルトからの照り返しを避けることができます。

ママも腰をかがめることなく抱っこできるのもいい点です。

③ ベビーカー用保冷剤を使う

2000円前後で売っている品物で、ベビーカー専用の保冷剤カバーがついたものです。

とても便利なのでズレにくい物を選んでくださいね。

④ 保冷剤をタオルに包んで首に巻く

これは実は私もよくやっています。

保冷剤はケーキ屋さんでケーキを買ったら付いてきますし、100円ショップでも売られています。

首に巻くタイプの物も売っていますが、小さい子どもだとなくしてしまうともったいない…と思ってしまいます。

赤ちゃんの暑さ対策グッズ一覧

まとめ

赤ちゃんと暑い夏に外出するポイントとしてまとめてみると

・外出する時間帯はなるべく午前中の涼しい時間にする。
・小まめに水分補給をしてあげる。
・ベビーカー用の保冷剤を使って冷やす。
・直射日光が当たらないよう日よけをしっかりする。
・汗をかいたら小まめに着替えする。

基本的には、夏の外出は控えるのが最大の暑さ対策になるのですが、部屋に閉じこもってばかりいてもママの気分が滅入ってきますよね。

気分転換のお散歩もいいもの。

上手に暑さ対策をして、赤ちゃんと一緒に夏を乗り切りましょう!

関連記事:脇の黒ずみを解消したい!原因を探して自宅で簡単にできるケア

スポンサードリンク


スポンサードリンク